近年、20歳代~30歳代の若い女性の間で、子宮頸がんが増えています。

子宮頸がんは、30歳代後半から40歳代でかかる可能性が最も高く、
日本では毎年、約2,800人も亡くなっている病気です。


子宮頸がんは検診を受けていれば発見でき、早期治療で完治できる病気なので、
産婦人科で受けられる子宮がん検診を定期的に受けることで簡単に対策できます。

実際、子宮がんというのは、がんが発生する場所によって、2種類に分けられます。



【子宮頸がん】
子宮頸部の入り口である外子宮口のあたりに発生することが最も多いがんです。

通常、子宮頸がんは一定の時間をかけてゆっくりと増殖します。
がんが発見される前の段階として、子宮頸部の組織にがんになる可能性がある
細胞が増えていきます。これを異形成といい、定期的に検診を受けていれば、
がんになる前、異形成の段階で見つけることが可能です。

【子宮体がん】
子宮体がんは、その95%は子宮内膜から発生することから、子宮内膜がんとも呼ばれます。
子宮体がんは40歳後半から増加し、50歳代から60歳代で最も患者数が多くなっています。
最近、日本の成人女性に増えてきているがんのひとつになります。

子宮頸がんが発生する原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)に
持続的に感染することで発生する考えられています。HPVは性交渉により感染し、
多くの女性が一生に一度は感染すると言われる、とても多いウイルスです。

通常はウイルスに感染しても、異物を排除する免疫機能により排除されますが、
ウイルスが排除されずに長期間感染が続く場合があり、
その中でごく一部の人の細胞ががん化することがあります。

男性もヒトパピローマウイルスに感染しますが、
がんを発症することはごくまれです。

子宮頸がんの方が子宮体がんに比べて若年者から高齢者までと発症年齢の幅が広く、
早期では症状が出にくいこと、検診での体への負担が少ないこと、
早期発見しやすく早期治療により回復する見込みがあることが理由です。


ただ、厚生労働省の調査によると、日本における子宮頸がん検診の受診率は
世界的に見ても低いという結果が出ています。

アメリカでは子宮頸がん検診の受診率が80%以上であるのに対して、
日本は約30%と、その半分以下とかなり低くなっています。
このため子宮頸がん患者の増加に拍車をかけているといわれます。

子宮体がんについては、若いうちは比較的発症しにくいですが、
かからないということではありません。症状があった際など、
必要に応じて検診が必要になります。